韓流に胸キュン!私のおすすめ韓国ドラマ

胸キュンな韓国ドラマにどっぷりハマり中!

アラフォー主婦☆独断と偏見の韓ドラレビューサイト

 

韓国ドラマを最後まで無料で見る方法をこちらで伝授

↓ ↓ ↓

「太陽を抱く月」ファンタジー要素が効いてる!胸キュン韓流ドラマ

 

もともと日常を描いたドラマが好きなので、時代劇はちょっと苦手で、

 

しかもファンタジーとなると、どうも感情移入が難しくなっちゃうのですが…。

 

いえ、そう思ってたんですが…。

 

 

「太陽を抱く月」を見て、ガラッと考えが変わりました。

 

ファンタジーゆえの魅力があるんです。

 

 

たとえば、「いきなりの蝶」。

 

第1話で、フォンとヨヌが宮廷で出会ったとき、

 

いきなり蝶がヒラヒラと舞います。

 

この蝶のせいで、フォンははしごから落ちてしまい、ヨヌにぶつかって

 

2人で倒れてしまうのですが。

 

そこで、2人に「ドキッ」の気持ちが芽生えます。

 

 

また、第7話では、王の行列の前に遠くからひれ伏すヨヌ。

 

でも、いきなり黄色い蝶々が現れ、思わず立ってしまいます。

 

 

呪術のシーンもファンタジーのひとつでしょうか。

 

 

第4話では、フォンとヨヌの婚礼を控えた日、

 

にっくき大妃ユン氏の命令で、巫女のノギョンがヨヌを呪術で苦しめます。

 

 

いきなり黄色というか茶色というか、雲みたいなのが出てきて、

 

ヨヌを襲うのです。フュージョンですね。

 

 

また第13話では、フォンが王妃と夜伽をしようとすると、

 

いきなりフォンが苦しみます。

 

そう、フォンとヨヌのことを思う呪術師が、夜伽を阻止しようと術をかけたのです。

 

そのおかげで、王妃と夜伽をせずに済むのですが、

 

この呪術のせいで、ヨヌが罠にはめられてしまいます。

 

 

まあ、ファンタジーといっても、

 

たとえば、「太王四神記」のようなコンピュータグラフィックスを多用したものではなく、

 

あくまでちょっと色を添える程度。ドラマが華やかになるのですよね〜♪

 

 

以上、勝手なネタバレ解説と動画の感想でした。

韓国ドラマを最後まで無料で見るには↓


トップ おすすめ韓国ドラマ おすすめK-POPアーティスト K-POP最新ランキング