「屋根部屋の皇太子」カテゴリーアーカイブ

屋根部屋の皇太子のあらすじ 現代のパク・ハが手紙を見つけるシーンは最高!

韓国ドラマの中で、時空を越えるドラマがありました。「屋根部屋の皇太子」というドラマでした。
はるか過去、皇太子であるイ・ガクの嬪宮ファヨンが遺体で発見される。イ・ガクは誰の陰謀か突き止める為に3人の臣下と事件の真相を調べる。しかし、事件の真相をつかめそうだという時にイ・ガク達は襲われる。
そして、気が付くとそこは21世紀だった。
そして、イ・ガク達のいる家には、パク・ハという女性が暮らしていた。何がなんだか分からないまま、パク・ハはイ・ガク達の面倒をみる。そして、イ・ガクは21世紀でファヨンそっくりの女性を見つける。イ・ガクはファヨンそっくりのホン・セナと婚約しようと奮闘する。しかし、次第にイ・ガクはパク・ハに心を寄せるようになる。

何が見所かというと、まずは現代でも皇太子様は皇太子様なんだという事です。でも、偉そうにしていても結局はパク・ハにかなわない所が何とも可愛いです。それに、皇太子様に赤いジャージというのもすごいですよね。でも、なぜだかすごく似合っているんです。
それに、3人の臣下もとても個性的な所が良いです。イ・ガクに仕えながらも、時おりツッコミを入れたりするのが、かなり楽しいです。
そして、見所は終盤です。再びタイムスリップして過去に戻ったイ・ガクは全ての真相を知ります。嬪宮ファヨンが自分を裏切っていたのです。
殺されそうになっていたイ・ガクを救ったのはパク・ハの前世であるプヨンが自らの命の危険も顧みずにイ・ガクを救ったのです。
全てを知ったイ・ガクはファヨンを捕らえます。あんなに愛していた女性に裏切られていたと知ったイ・ガクのショックは計りしれません。
そして、彼はパク・ハへの想いを募らせ、届かないと分かっていながら、手紙を隠します。その手紙を現代のパク・ハが見つけるのがまた良いんですっ。普通ならあり得ないですよね。過去の日とのメッセージを受けとるなんて。内容は、パク・ハへの愛で溢れたものでした。
もう二度と会えなくても、愛する気持ちは変わらない。例え、触れる事はかなわなくても、想いだけは届けたい。
こんなにキュンキュンするとは思ってもいませんでした。
そして、パク・ハには幸せになって欲しいと心から願いました。
辛い思いばかりをしてきた女性です。前世で辛い思いをしてきたのに、現代でもなんて可哀想すぎます。
時を越えたラブストーリーは、数多くありますが、これほど笑い、泣いた物語りはありませんでした。
最近は甘い敵が気になっています。