「白夜姫」カテゴリーアーカイブ

白夜姫のあらすじファッションがオシャレ!

あらすじ
主人公のペク・ヤ(改名前・ソンドン)は、幼い頃に両親を亡くして、父親の友人であるチャン家で、幼少期を兄(ヨンジョン)と共に過ごしました。チャン家には息子2人がおり、娘がほしかったチャン家の人々はヤを可愛がり、娘同然に育てました。
時は流れ、ヤは兄とその妻(ヒョギョン)の3人で、小さなアパートで同居していました。兄が勤めていた警備会社に、「空き巣が入ったので来てほしい」という要請があり、兄が駆けつけた豪邸には、なんと!死んだはずの母親(ウナ)が住んでいたのです。実は、母親は夫を捨てて家を出て、現在は医者の妻として、息子、娘の二人(母親と血が繋がっていない、前妻の子)を育て、優雅に暮らしていたのです。それを偶然知った兄は母親に接触しますが、母親に冷たく拒絶され、すぐに交通事故で亡くなります。ヤは、母親に兄を殺されたこと、また、自分だけ裕福な暮らしをしていたことを知り、母親に復讐しようと誓います。

日本でいう「ドロドロの昼ドラ」の韓国版ですが、カッコイイ俳優、綺麗な女優が出演しており、また、ファッションがオシャレなので、ウキウキした気分で見ることができます。登場人物それぞれの性格が上手に描写されていて、展開を含めてストーリーを把握しやすいです。
ヤの母親に対する復讐の過程で、母親の息子と交際するのですが、交際するまでの男性の心を掴むコツがとても参考になります。息子との結婚生活は本当に短期間で終わってしまいますが、その後も、ヤに惚れる男性が続々と登場します。復讐に闘志を燃やすような性格の持ち主であるヤが、何故そんなにモテるのか全然分かりませんが、ヤの周囲に対する気遣い、立ち振る舞いなどが、男性の心を掴むんでしょうね。また、ヤの母親は「綺麗に産んであげたんだから感謝してほしい」と、ヤに言っているところを見ると、ヤは美女という設定なのだと思います。
ヤの初恋相手(チャン家の長男・ファオム)も登場し、後々にヤとファオムが両思いであることがわかり、二人の関係が結婚へと発展していきますが、ファオムは大企業の会長の息子。寡婦であり、また、両親のいないヤと結婚することに反対する家族、友人、逆に結婚を応援するヤの母親の仕組む罠がえげつないです。登場人物の欲があからさまに表情に出ています。ドロドロしたストーリーですが、ヤの兄夫婦の息子(ジュンソ)が可愛いです。食べ方や遊び方が演技とは思えないほど自然で、癒されます。
少ない登場人物の中で、ヤの友人がチャン家の次男と結婚したり、ヤの義姉が友人の兄と結婚したり・・・と、狭い世界で関係がどんどん複雑に。「そんな偶然があるわけない!」とツッコミどころ満載のドラマですが、ヤの母親に対する復讐はどうなるのか、ヤは幸せを手にできるのか。引き込まれること間違いなしです。
青い海の伝説もおしゃれでおすすめ!