「18・29~妻が突然18才」カテゴリーアーカイブ

18・29~妻が突然18才!?あらすじ 記憶喪失なのにユーモアたっぷり

あらすじ
29才のヘチャンは人気俳優となった夫・ボンマンの浮気報道を知り、離婚を決意します。しかし、離婚届を出しに行く途中で交通事故にあったヘチャンは、記憶だけ18才に戻ってしまいます。
高校時代に犬猿の仲だった自分とボンマンが結婚していた事実が受け入れられないヘチャン。そして、ボンマンはヘチャンが記憶喪失になった事で、なんとか離婚を回避しようとする。
ヘチャンはボンマンの顔を見る度に嫌な記憶を思い出すが、やがてどれだけ自分が嫌っても、懸命に尽くしてくれるボンマンに心が動かされる。
だが、ヘチャンが高校生のヌンと知り合い、彼がヘチャンに好意を寄せるようになり、ますます複雑な関係が続きます。

29才のヘチャンは、とても落ち着いているのに、18才の頃はとてもおっちょこちょいで、とても初々しいんです。
第一話から、あまりにも面白くて、すっかりはまってしまいました。
18才のヘチャンにとって、ボンマンは「嫌な奴」でしかないから、悪態のオンパレードなんです。それでも耐えるボンマンがいじらしいような、情けないような。
そして、所々に高校生時代の二人のエピソードが出てくるのが良いんです。特に、第2話で高校生のヘチャンが先輩のロッカーに映画のチケットを入れるエピソードが好きです。
結局、先輩はチケットをゴミ箱にチケットを捨ててしまい、ボンマンが拾います。そして、泣きながらポップコーンを食べるヘチャンに、ボンマンがティッシュを差し出すんですっ。このシーンがすごい好きで、何度も何度も見てしまいました。
現在と過去の二人が交互に出る度に、「だからこうなったんだ」と思うエピソードが出てきたり、あんなにラブラブだったのに、どうしてボンマンは違う女性に心が奪われたのかと憤ってしまいました。
本来なら、記憶喪失という題材は暗くなりそうですよね。それなのに、ユーモアたっぷりに表現出来るのってすごいな。と、思いました。
ヘチャンは再び交通事故にあい、記憶が全て戻ります。でも、18才に戻っていた頃の記憶はなくなっているから、再び離婚すると言い出し、ボンマンはガッカリしますが、ヘチャンは次第に記憶を取り戻し、どれだけボンマンが自分の為にいろいろしてくれたかを思い出します。
大切な人は、決して離してはいけない。と思えるドラマでした。記憶を失ったヘチャンを懸命に支えるボンマンは、とても素敵でした。
トッケビにキュンキュンしたのを思い出しました!