「イケメンですね」カテゴリーアーカイブ

イケメンですねのあらすじ コンサートでの告白はかなり胸キュン!

可愛い女の子が男装して活躍する作品の中でも、特におすすめなのが「美男(イケメン)ですね」です。日本でもリメイクされたぐらい人気のドラマでした。
ヒロインの名前はコ・ミニョ。彼女はシスターで、双子の兄がいた。兄のミナムは、行方不明の母親を探す為に歌手を目指していた。
やっとその夢が叶い、A.N.JELLの新メンバーになれるというのに、なんとミナムは整形に失敗。困ったマネージャーのフニ室長は、双子のミニョに目をつけ、3ヶ月だけミナムの代わりをしてくれと懇願する。
ミニョは、ミナムの為に髪の毛を切り、ミナムとしてバンドに加入。そして、A.N.JELLのリーダーであるファン・テギョンに恋をする。だが、彼は才能はとてもあるが、性格は傲慢で、神経質な青年だった。

普通だったら、すぐにバレますよ。どんなに男装しても、あれだけ可愛いミニョです。どう見ても女の子ですよね。そして、性格もとても可愛い。どれだけ男の子を演じようとしても、やっぱり女の子らしさが見えてしまっています。その証拠にバンドのメンバーであるカン・シヌはすぐに気が付きましたよね。でも、バンドのメンバー全員に愛されるミニョもすごいです。
でも、最初の頃の記憶はテギョンの態度は許せない所もありました。ミニョが渡した指輪を投げ捨ててしまったり、言葉がいちいちきつかったり。あれでミニョがテギョンを好きになったのは不思議です。
そして、ミニョがバンドを去り、テギョンは必死に探します。でも、ミニョにとってはもうすむ世界が違う人なんでしょうね。
深々とお辞儀をして去っていくんです。そして、ミニョはアフリカ行きを決めます。ところが、再びミナムにトラブル。ミニョはもう一度ミナムの代わりをするはめになります。
それなのに、テギョンはミニョの事をミナムだと思って話しかけます。この 場面は正直ガッカリです。てっきりすぐにミニョだと気が付くと思ったのに。でも、手を握った瞬間にミニョだと気が付く場面はかなりキュンッとしました。
もう会う事もないと思っていた人との再会は、どれだけ嬉しかったのでしょう。
おまけに、コンサートの途中で告白なんて、ここもかなりキュンとしますよね。
なんだか、少女マンガ を読んではなかなか結ばれないヒロインにモヤモヤしていた時を思い出しました。
じれったいような、くすぐったいような、不思議な気持ちです。
でも、ドラマの内容もそうですが、音楽も本格的で好きでした。
ドラマと音楽、両方楽しめるのも魅力ですよね。
恋のゴールドメダルもキュンキュンです!